今が旬?太陽光での資産運用について

0
今が旬?太陽光での資産運用について

現在、各地域において住宅からマンション、学校や事業所、さらには空き地を利用した太陽光設備を見かけることが多いですよね。

a0011_000302

こういった設備を利用することで無駄な電力の消費を抑えることができるので、電気料金を節約できますし、環境にも配慮した設備であるということが挙げられます。では、需要目的以外にも太陽光を利用することで得られる資産運用について検証していきましょう。

太陽光を利用して資産を増やす

家庭用として使用する場合と事業目的として使用する場合とに分けて考えていかなければなりませんが、どちらも売電収入を得ることが出来るという点があります。

月々に使用した電力を計算し余った分を電力会社に売ることができ、不足分のみを購入するという仕組みです。

2012年よりすべての電力会社に義務化され施行されている「再生可能エネルギー固定価格買取制度」を利用することで、10年から20年間契約時の固定料金で1kwあたりの余剰売電金額を得ることが出来ます。

  • 10kw未満・・10年間継続することができますが、余剰買取が出力制御対応機器の設置義務の有無により31円33円。ダブル発電の場合なら、それぞれ25円、27円
  • 10kw以上・・余剰買取24円となり、こちらは20年間の期間になります。

出力制御対応機器に関しては、現在北海道、東北、四国、九州、沖縄のエリが新規の送電網の抑制区域となっており機器の設置が義務付けが図られているのです。

また個人及び法人が事業目的で太陽光発電の設備を取得する場合、グリーン投資減税としての対策がとられており取得価格の30%の特別償却又は7%の税額控除が平成28年4月から平成30年3月まで取られています。

自家消費に供する設備に関しても各自治体によって補助金がでる場合もありますので、一度問い合わせをしてみると良いでしょう。

太陽光の今後について

買取制度がスタートして現在で4年目になり、太陽光設備の需要が急速に増えた為に、制度そのものが飽和状態になりつつあるようです。

実際に余剰売電の買取価格にしても2012年当時よりも10円前後値下がりしている状態であり、一部地域では50kw未満の新規での設置を中断している現状。

太陽光発電に関しての最大のデメリットとなるものには、やはり日照時間に関することが挙げられますね。

地域の特性や設置場所に応じて当初の予想よりも発電量が少ない為に売電金額が目減りしてしまったということや、基本的に設備そのものについては、50kw未満のものであれば点検等の義務はありませんのでメンテナンスが不要であるといわれます。

例えば自然災害によるものや、パネルの劣化、何らかの故障等の場合、契約時の保険は有効ですが、思わぬ金額が必要になってしまう可能性もないとは言えません。

太陽光を設置する価値

ここまで見てみるとメリット、デメリットどちらもあるとは思いますが、金融商品や不動産投資などと比較してみれば、現行制度を考えると、高利回りのリターンでなおかつ中長期てきに安定した収入を得られるという点ではリスクは少ないですね。

あとは、販売メーカーや各自治体の太陽光に対する取り組みを十分考慮した上で設置を検討してみてはいかがでしょうか。

自治体によっては、手厚い補助金などでサポートしてくれるところもあるようですよ。

a0008_000513

Leave a Reply

Name
Name*
Email
Email *
Website
Website