資産運用の外貨預金ってそもそも何?

0
資産運用の外貨預金ってそもそも何?

お金を金融機関等に預ける場合、日本円での預金では金利が非常に安いので、ドルユーロ、その他外国の通貨において預金することを考えてみたことはあるでしょうか。

a0002_011580

外国の通貨によっては日本円での預金に比べて高金利の可能性があり、国内の金融機関や証券会社で預金することができる制度を外貨預金と呼びます。

預金制度の詳細

外貨預金を行う上で何よりも注目するべき点と言えば、為替レート。これにより各国の通貨の価格が変動していくので、預金時期と払い戻し時期をよく考えて動かさなければなりません。以上から常に世界の情勢に目を配る必要があります。

a1180_013441

しかしながら、為替レートを常にチェックしてタイミングをはかることは非常に難しいので毎月定められた日に自動的に積み立できる制度、外貨積立預金が利用できます。

積み立てを行うことで、資金を分散し預金することができる上、低コストでの運用と為替変動に対してリスクを最小限に抑えられることが特徴です。

このように外貨預金では預金に対する金利と為替によって生じた差益との両方の利益を得ることができる魅力がありますね。

もちろん以下2つの項目に関して税金もかかってくるので注意が必要。

  • 預金で生じた利息にかかる源泉分離課税
  • 差益によって得ることが出来た為替差益による税金

後者に関しては、雑所得として確定申告をしなければなりません。給与所得と合算の上にあらためて申告を行い、給与額が2000万円以下で尚且つ年間で20万円以下での雑所得であれば、申告は不要になります。

外貨預金でのリスク

ここまでの流れから、為替相場を注視すれば外国通貨の方がより利益を上げることが出来るように思えるのですが、預金に際しての費用が必要になるのです。

一つには、為替手数料がかかってしまうという点。つまり預金として預けるとき、さらには引き落としをするとき、どちらにしても手数料が発生してしまうこと。

さらに定期預金の場合、当然に満期になるまで継続するのですが、万が一解約しなければならない事態になったとき解約手数料が発生します。

二つ目には、国内の金融機関で適用される「預金保険制度」を利用することができず、つまりは銀行が破綻してしまうようなことになってしまった場合、外貨預金は保証の対象外となってしまうのです。

また、為替が円高に振れた場合の元本割れの可能性も十分考えられますので、国内金融機関ではそんなことはあり得ないことが起こりうるということですね。

外貨預金を上手に利用しよう

それでは、如何にして利用していけばいいのか?

まずは外貨預金を取り扱う金融機関を選択することから考えてみると、それぞれ為替手数料の設定金額に違いがあります。ネットバンクなど比較的安い手数料のもがあるので、選ぶ基準として考えることができますね。

更には外貨を一つに絞らず分散して投資することが挙げられます。資金を集中して円高になってしまった場合のリスクを考えると、いくつかの通貨に分けて預金することでそのリスクを最小限に抑える効果があります。

ここで一つ注意すべき点は、高金利な通貨がある場合そういったマーケットは規模が小さいので為替変動の流動性が大きくリスクが大きい可能性があるということ。

また海外旅行などで、預金している通貨であれば、その外貨を引き出して使用することで、無駄な出費を抑える効果もあったりしますから、一度利用されてみてはいかかでしょうか。

Leave a Reply

Name
Name*
Email
Email *
Website
Website