資産運用なら株式取引!

0
資産運用なら株式取引!

資産を増やすための一つの手段として、株式投資が上げられますが、比較的初心者の方でも始めやすい方法と言えます。

株式投資ってどんなもの?

企業の株を買い企業価値が上がれば当然に株価も上昇しその時点で売却することでその差額を利益として残すことができることがこの投資の魅力です。

a0002_001045

株式購入においては、少額の資金から、またより多くの資金でも様々な金額で買うことができます。投資金額が大きければ大きいほど得られる利益は増えていくわけです。

株式投資を始めるにあたって、株取引の仲介を担う証券会社を選ぶわけですが、ひとくちに証券会社と言ってもたくさんの会社があります。今ではインターネットにおいてweb上で取引を行うことが一般的。

各社その取引にかかる対応は様々です。一番に重要視される点としては、やはり一度の取引にかかる仲介手数料が挙げられます。

株式を購入又は売却する際その金額に応じた手数料が各社決まっているので、売買を頻繁に行うのであれば手数料はより安く設定してあるところの方が有利ですし、株式投資以外にも様々な金融商品の扱いがありますので、より自分にあったものを選びましょう。

早速、投資をはじめよう

証券会社が決まれば、本人確認書類銀行口座等を提出後、口座を開設することができます。

開設後いよいよ株の購入が出来るわけですが、特に投資経験のない方にとってみればいったいどの会社の銘柄を買えばいいのか判断することが難しいですね。

口座をお持ちの証券会社のホームページには、日経平均為替相場各企業の株式業績などあらゆる情報が公開されています。またweb上において様々な投資に役に立つ情報を得ることができるでしょう。

各企業の株式情報にはこのような株価の推移を表すチャートを見ることが出来るので、企業の業績や社会情勢を加味しながら指標をもとに購入するか否かを判断していきます。

安く買って高く売ることが基本ですが、もう少し上がるかもしれないなど判断を誤ってしまえば、思わず下がってしまったというようにせっかく得た利益が目減りしてしまったり最悪の場合元本割れを起こしていまうかもしれません。

あらかじめこの金額になれば売るといったように損切りルールを決めて売買することを心がけると良いでしょう。

pics2801

投資のルール

先にも述べたように、株式は各社購入単位が決められており100株や1000株単位で購入できるもの様々です。

ですがこの場合購入金額が高額になってしまうので、資金がそれほど準備できなかったりする場合、1万円程度で始められる少額で取引できる制度が設けられています。

株式ミニ投資単元未満株などは実際の単位数の十分の一または一株から購入することが可能なので初心者であればここから始めてみるのもいいかもしれません。

株式には売買の差額によって得られる利益(キャピタルゲイン)のほか各企業の収益によって還元される配当金(インカムゲイン)を得ることが出来ます。

この配当に関しては各社業績に応じた割合になるのですが、保有株式が多ければ当然に配当金も大きくなります。

もう一つ直接の資産運用とは異なりますが、株主優待を受け取ることができるのも魅力の一つです。全ての企業ではありませんが自社製品を株主にむけて提供してくれます。銘柄を選ぶ基準のひとつとして考える方法です。

株式投資は非常に奥が深いですが、優良銘柄であればより多くの資産を生むこともできるかもしれません。

 

Leave a Reply

Name
Name*
Email
Email *
Website
Website