意外と知られていない。保険で資産運用って?

0
意外と知られていない。保険で資産運用って?

一般的に保険と言えばどういったものを思い浮かべるでしょうか?やはり一番にあげられるのが生活におけるリスクに備えるための定期終身、がん保険などの生命保険、入院や手術に備える医療保険など万が一を考えて契約する保険があるでしょう。

a1180_016597

しかしながら、リスクに備えるのみならず将来の人生設計において、ある程度自身の資産を増やしていきたいと誰でも考えるものです。

銀行における定期預金では利率が低いため、ただ預けているだけになってしまいますし、株などの投資は資産が増える可能性はあるものの下がるリスクも大いにあるので、始める一歩が踏み出すことが出来ませんね。

そこで、実は保険で資産運用ができる、いわゆる貯蓄型の保険ということについて紹介していきます。

終身と学資

まずは終身保険。払込期間をあらかじめ10年15年などと設定することで満期になった場合、支払った以上の解約払戻金として受け取ることができるので、長期的な視野で考えれば役に立つ保険と言えます。

ただし期間中での解約は逆に低い金額になってしまったり期間終了後はその保障も併せて終わってしまいますので、その点はリスクとなるので注意しましょう。

続いて学資保険。お子様がいらっしゃるご家庭においては、年齢を重ねるごとに多くの学費が必要になって来ますよね。

a1130_000205

人それぞれですが中学・高校・大学生と必要になってくる時期は様々。そのためにその卒業、入学の時期に合わせたタイミングで給付を受け取ることができるものが学資保険となります。

保険のプランにおいても、その保障内容によってお支払いする金額は様々ですが、教育資金を貯蓄するという意味合いでは非常に重要な保険。

ただしこちらも途中で解約してしまうようなことになってしまいますと、元本割れをしてしまう事態やなどのリスクがありますので、お子様の成長に合わせたプランの組み立てが重要なのです。

養老保険

一方満期保険金として毎月の保険料は高いのですが、満期時に必ず支払われる養老保険

こちらの保険は死亡保険も同時についてくるため、掛け捨て型の保障が付いた保険に比べ、保障をうけつつ貯蓄ができる将来性を見越した保険になります。

また個人はもちろんのこと法人でも加入することができるのもこの保険の特徴で、法人の場合はいわゆる節税として、一度に多くの保険料を支払って控除額を抑えるといったような方法をとることも出来ますし、従業員の退職金などを蓄えておく場合の手段として利用することが可能です。

また、この保険は月々の支払いに加えて一括でもお支払いをすることができるため、予定利率が高い場合、加入する保険会社によって定められているようですが満期時にお得になる場合もあるようです。

しかしこの養老保険は、支払が高額であることや、契約期間途中での保険の見直しをすることに難ありですね。他の貯蓄型保険同様に中途での解約においての元本割れのリスクはこちらの保険にもありますので、慎重に加入しましょう。

その他の保険

この他にも老後の資産形成のため死亡時よりも生活に必要な至近をつくるための個人年金保険や為替相場を利用した外貨建個人年金保険などがあります。

どちらにしても将来においての公的年金のつなぎの為、また不足分を補うために利用されることが多い保険と言えます。

このように保険の中にも十分資産運用できる商品が多々ありますので、現在加入されている保険をあらためて見直してみてはいかがでしたでしょうか。

Leave a Reply

Name
Name*
Email
Email *
Website
Website