やっぱり儲かる?駐車場経営での資産運用

0
やっぱり儲かる?駐車場経営での資産運用

所有している土地を利用する方法としては、立地場所や敷地面積によって様々です。

例えば家やアパート、あるいは商用施設等によって賃貸経営を行うことが考えられますね。

ここではその内の1つである駐車場経営について考えていきましょう。

駐車場経営の仕組み

ひとくちに駐車場と言っても、その種類や設置方法は様々な形があるのをご存知でしょうか。まず一つにいわゆる省スペースや空き地を利用した平面型のもの。大きなビルのような立体型のもの。街中でよく見かけますね。

a0782_000621

こういった施設を経営することは、他の不動産経営と比較するといくつかのメリットが挙げられます。

  • 初期費用が少ない金額で始めることができるということ(規模や種類にもよりますが0円~数百万円程度)
  • 狭い土地でも車数台止めることができるスペースがあれば参入できる。
  • 駐車場管理会社に設計から施工、管理業務全般について委託することができる。
  • 長期的に運営することもできますが、短期間であっても構いません。
  • 駐車場から他の業態への転用や更地への復帰が非常に簡単。(ただし立体やタワーパーキングなど高額な解体費用が掛かってしまう可能性あり)

初期費用の内訳としては、排水設備・外灯・アスファルト・コンクリート舗装などが10万円~20万円。タワーパーキングでは1台につき200万円程度の費用を要します。

経営に関する収益としては、月極時間貸しによって得ることが出来る利益に差が生じるのですが、あらかじめその周辺環境や通行料などのマーケットリサーチを行い決定。

土地一括借上方式での経営ですので運営会社に土地を一括で貸付します。その地代を収益として得ることで、空車や賃料滞納などのリスクを回避するのです。

税金と法令

駐車場の経営に関しては、通常の建築物にあるような税制上のメリットを受けることが出来ません。また減価償却費(支出を伴わない必要経費)が少ないので、所得税が課税される部分もそれだけ大きくなります。

相続税における評価についても平面駐車場に関しては、更地としての扱いになりますので、固定資産税などの税制上のメリットを受けることができません。

また、経営に際して様々な法律による制約を受けることになります。まず駐車場法により自治体への届け出が必要で、他にも立体駐車なら建築基準法、路上駐車に関する道路法都市公園法、消防法など設置場所に準じて守らなければならないのです。

駐車場経営に関するトラブル

不動産やマンション経営であれば、入居者とのトラブルが付き物だと思いますが、駐車場経営においても同じような事案が起こることがあります。

車を取り扱う場所ですので、やはり車両に関する事案が多いのが特徴なのですが、例えば駐車車両にキズをつけられた、車上荒らしにあってしまった、など人為的と思われる事案です。

他にも設備関係で精算機やゲート等の破損、騒音などによる近隣住民からの苦情等、場所によって非常に苦慮しなければならなくなりますね。

a0780_000017

こういった場合、ご自身で経営されている場合は全て管理しなければなりませんが、運営会社に委託しているのであれば、トラブルの対処やあらゆる管理業務を全てやってくれるので、収益面では下がりますが安心できます。

比較的取り掛かりやすい駐車場経営

いかがでしたでしょうか?初期費用や経営の仕組み、土地の転用など諸問題を考慮しても比較的取り組み安い資産運用といえるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Name
Name*
Email
Email *
Website
Website