世知辛い世の中を生き抜く処世術。余裕がある人はこう稼いでる!

世知辛い世の中を生き抜く処世術。余裕がある人はこう稼いでる!

税金は増える一方でも給料はなかなかあがらない。

子供の習い事で支出は増えたけど、新車を買う余裕も戸建てを持つ夢さえ持てない。老後のことも考えると、まるで暗く長いトンネルの中を進んでいる気持ちになる。

そんな瞬間はありませんか?お金の問題は深刻ですよね。

お金は労働だけで得るものではない。

ちょっと周りを見回してください。自分と同じような状況にある人でも、どこか余裕の漂う暮らしをしている人はいませんか?

どうしてなのでしょう?それは、その人たちが上手にお金を使っているから。「お金を使っているのに余裕がある」とどこか矛盾を感じますが、お金はただ持っているだけでは増えません

お金を上手に使っている人は、実は働く以外でも収入を得ているのです。

例えば

  • 不動産での収入
  • 株や保険などの金融商品による資産の運用
  • 何かを売って副収入 など

では余裕がある人達は、いったいどんなお金の使い方をしているのでしょう?

不労所得の基本、不動産収入

a0001_011682

「働かずして収入を得る方法」の基本と言えば不動産。不動産と聞くと、賃貸アパートやマンションなどを思い浮かべ、莫大な資金が必要に感じてしまいます。しかし不動産とは居住物件だけとは限りません。

昨今、手ごろに始められる不動産収入として注目を浴びているのが、駐車場経営。

駐車場は、初期費用があまりかからず、かつ狭い土地でも需要さえ見込めれば直ぐに参入できる手ごろな不動産経営です。

整地、設計、施工に関しても、駐車場管理会社へ委託してしまえば簡単。立派なコインパーキングを仕立て、運営までしてくれます。利用客間で発生したトラブルも、管理会社経由での経営であればそちらで解決。

不動産経営の初心者にはピッタリですね。

コインパーキングの収支事例を知りたい人はこちらをご覧ください。 ⇒ アパルトマンイクシーズ

駐車場経営について詳しく知りたい方はこちら ⇒ やっぱり儲かる?駐車場経営での資産運用

長期的かつ安定的な収益にはアパート経営

土地が余っている。遺産で土地を貰った。など条件に恵まれている人には、長期的かつ安定的な収入を得るために、アパート経営している人もいます。

アパート経営は初期費用が大きくかかるデメリットはありますが、建設時に銀行から投資事業としての融資を受けることが可能です。

また住宅ローン減税が適用されるので、向こう10年は減税措置がとられます。

銀行から融資を受けることにはリスクを感じてしまいますが、家賃収入が銀行からの借り入れを上回れば返済も滞りなく行えるので、条件的に合致している人は、良きパートナー企業を見つけてアパート経営に乗り出してみては?

アパート経営に興味を持った人はこちら ⇒ 安全な資産運用。アパート運用を解説

株や外貨で資産を運用。土地が無くても資産を増やせます!

CC176164739_TP_V

土地が無くても、まとまった資金があれば資産を増やす方法があります。それは株取引。株取引を始めようと思ったら、まずは証券会社の選択から。

最近の株取引は、web上で行うのが一般的です。各社それぞれに注目すべき点はありますが、一番注目すべきは仲介手数料。一度の取引の度に、どれだけの手数料がかかるか、契約前によく確認をしておきましょう。

口座を開いた後は簡単。日経平均、為替相場、各企業の株式や業績を参考に、目星をつけた株を購入し、あとはタイミングをみて売るだけ。とても簡単ですね。

株取引に興味をもった人はこちら ⇒ 資産運用なら株式取引!

銀行以外に預けて元手を増やす。銀行に預けるくらいなら保険会社がお得?

銀行の積立預金と保険会社の貯蓄型保険、金利を比較したことはありますか?保険会社の方が銀行よりも高い利率を設定していませんか?

銀行の口座に眠っている100万円。その預け先を保険会社の終身保険、あるいは学資保険に換える。これだけで10年、15年後に手にすることができるお金の額は大きく異なってきます。

満期を迎える前に解約をすると、元本割れをするリスクもありますが、必要な時にまとまったお金が手に入ることを考えれば、そこまで大きなリスクには感じませんね。学資保険であれば子供の進学に、必要な資金が手に入れられることも魅力的です。

保険で資金運用に興味があるひとはこちら ⇒ 意外と知られていない。保険で資産運用って?

日本を飛び出て資産を世界に。外貨預金も資産を増やす!

ここ数年、非常に注目を浴びている外貨預金。外貨預金の制度自体、大変なじみが薄いですよね。

外貨預金の大きな魅力は、外貨で預金することで預金に対する金利と、為替によって生じた差益、両方が得られることです。

外国為替なので、預け入れ・引き落としの際には為替手数料がかかってしまいます。また、為替が円高になってしまった場合は、元本割れが起こることも。日本で預金するのとは、また一味違った感覚が必要になるので、ちょっと上級者向きの資産運用方法と言えるかもしれません。

外貨預金に興味を持った人はこちら ⇒ 資産運用の外貨預金ってそもそも何?

余剰は販売に。太陽を源泉にエネルギーを生産

ppp_haretahinokumototaiyou_TP_V

震災後、大変注目を浴びるようになった電力販売。これは、個人あるいは企業が電力会社と契約し、10年から20年間余剰に生産した電力を契約した金額で買い取ってもらうというものです。

この電機買い取り制度が制定されてから早4年。多くの人が、この買い取り制度を利用しているため、買い取り価格は10円近く下落しているのが現状

しかし、金融商品や不動産収入と比較して、更に手ごろな価格で投資が始められるため、未だに太陽光パネルの設置は人気があるようです。

買い取り価格や期間について詳しく知りたい方はこちらを参照して下さい。 ⇒ 経済産業省 資源エネルギー庁 なっとく!再生可能エネルギー

太陽光に興味が出た人はこちら ⇒ 今が旬?太陽光での資産運用について

賢く稼いでこの世を生き抜く!

以上、余裕がある人が実践している資産の運用方法でした。如何でしたでしょうか?「どれも自分には無理・・・」そう感じる人もいるかもしれません。しかし、皆平等に、それぞれにリスクを背負って生きているわけです。リスクを背負うのが怖いなら、今のままを生きるしかありません。

株取引も、10万という少額から始められる時代になりました。

個人では作ることもできなかった電力が、個人でも売れる時代になりました。

時代の流れを味方につけて飛躍を試みるか。または日々に感謝し、つつましく生きるか。あるいはその両方か。それはあなたの選択です。

資産運用にキャッシング、カードローンやビジネスローンの借り入れを検討している方はこちらのサイトが参考になります。

→キャッシングのまとめ|キャッシング専門の情報ポータルサイト http://camatome.com/

→カードローンの学び舎 http://cardloan-sophia.com/