クレジットカードの使い方次第で資産を増やせる?

一般的にお店で商品を購入したり通販サイトでお買い物をしたりする場合など様々な形でクレジットカードを使用する機会があると思います。

何気に使用しているこのカードですが、その使用目的や種類に応じてあらゆる特典が付与されており、使えば使うほどお得感を味わうことができるでしょう。

クレジットカードの種類

クレジットカードには、様々な用途において使用できるカードがあります。三井住友などの銀行系、オリコやポケットカードなどの信販系、OMCやイオンカードなどの流通系、JALや出光クレジットなどのメーカ―系に大きく分類されます。

各社カードにはそれぞれ独自のポイントサービスがついているので、たまったポイントは商品券やキャッシュバック、電子マネー、そのカードに応じた商品の提供、マイレージとして還元されることもあるのです。

特典を使いこなそう

ポイント還元において、毎月の公共料金を考えてみましょう。お支払いする場合、銀行口座などで口座引き落としを利用されていると思います。

こちらを一括支払でクレジットカードでの支払いに変えることで利用ポイントをためることが容易になるでしょう。

ETCカード。こちらもクレジットカードを使用するわけですが、高速道路を通過するたびポイント加算されていきます。

その他にも食料品や電化製品などあらゆる生活必需品を購入する場合にも一括支払いを利用したり、高額な金額でのお買い物などは分割支払いを上手に使うことで手数料をおさえることができるサービスでしょう。

さらにはネットショップなどポイント倍増キャンペーンが開催されることがありますので、そういった期間中のお買い物はポイントを稼ぐ手段です。

a0001_012466

クレジットカードは一枚に

クレジットカードをむやみにやたらに何枚も所有するのではなく、必要最低限使用するものに絞ることが重要となってきます。

できれば1枚のカードに集約させる方がポイントも貯まりやすいですよ。

いくらキャッシングを使っていくらポイントがたまっているかを把握しやすいので、資産管理がしやすいですし、様々なカードを使用することは無駄いくら使っているか分からなくなり出費がかさんでしまう恐れがありますので注意が必要です。

またクレジットカードに各種保険が付帯されているので、海外旅行やゴルフ、登山、シートベルトや火災保険など本当にお得な情報がたくさん詰まっているのですね。

クレジットカードの注意点

しかしながら、こういった便利でお得なクレジットカードを使用する場合において十分注意しなければならない点はいくつかあります。

ご自身のカードがどういった内容のものなのかを今一度確認する必要がありますし、新にカードを作る場合でもよく調べた上で本当に必要な物なのかどうかをよく判断し作成しなければなりません。

まず一つに年会費無料かどうか。確かに初年度は無料であっても次年度から有料に切り替わってしまい年会費を結局は払わなければならなくなってしまうことも・・・

カードを解約する場合手数料がかかってしまったり、リボ払いや分割での支払いを利用すると金利すなわち利息がかかってきます。

こういったお支払方法はポイント還元率がよいのが特徴ですが、金利に対するポイント還元率を比べると思いのほか手にできる金額が少なくなってしまう可能性がありますので、ポイントが付くからと言って安易に登録をしないようにしましょう。

普段何気に使っているクレジットカード。使い方次第で日々の生活に潤いをもたらしてくれるでしょう。

a0002_003813

今が旬?太陽光での資産運用について

現在、各地域において住宅からマンション、学校や事業所、さらには空き地を利用した太陽光設備を見かけることが多いですよね。

a0011_000302

こういった設備を利用することで無駄な電力の消費を抑えることができるので、電気料金を節約できますし、環境にも配慮した設備であるということが挙げられます。では、需要目的以外にも太陽光を利用することで得られる資産運用について検証していきましょう。

太陽光を利用して資産を増やす

家庭用として使用する場合と事業目的として使用する場合とに分けて考えていかなければなりませんが、どちらも売電収入を得ることが出来るという点があります。

月々に使用した電力を計算し余った分を電力会社に売ることができ、不足分のみを購入するという仕組みです。

2012年よりすべての電力会社に義務化され施行されている「再生可能エネルギー固定価格買取制度」を利用することで、10年から20年間契約時の固定料金で1kwあたりの余剰売電金額を得ることが出来ます。

  • 10kw未満・・10年間継続することができますが、余剰買取が出力制御対応機器の設置義務の有無により31円33円。ダブル発電の場合なら、それぞれ25円、27円
  • 10kw以上・・余剰買取24円となり、こちらは20年間の期間になります。

出力制御対応機器に関しては、現在北海道、東北、四国、九州、沖縄のエリが新規の送電網の抑制区域となっており機器の設置が義務付けが図られているのです。

また個人及び法人が事業目的で太陽光発電の設備を取得する場合、グリーン投資減税としての対策がとられており取得価格の30%の特別償却又は7%の税額控除が平成28年4月から平成30年3月まで取られています。

自家消費に供する設備に関しても各自治体によって補助金がでる場合もありますので、一度問い合わせをしてみると良いでしょう。

太陽光の今後について

買取制度がスタートして現在で4年目になり、太陽光設備の需要が急速に増えた為に、制度そのものが飽和状態になりつつあるようです。

実際に余剰売電の買取価格にしても2012年当時よりも10円前後値下がりしている状態であり、一部地域では50kw未満の新規での設置を中断している現状。

太陽光発電に関しての最大のデメリットとなるものには、やはり日照時間に関することが挙げられますね。

地域の特性や設置場所に応じて当初の予想よりも発電量が少ない為に売電金額が目減りしてしまったということや、基本的に設備そのものについては、50kw未満のものであれば点検等の義務はありませんのでメンテナンスが不要であるといわれます。

例えば自然災害によるものや、パネルの劣化、何らかの故障等の場合、契約時の保険は有効ですが、思わぬ金額が必要になってしまう可能性もないとは言えません。

太陽光を設置する価値

ここまで見てみるとメリット、デメリットどちらもあるとは思いますが、金融商品や不動産投資などと比較してみれば、現行制度を考えると、高利回りのリターンでなおかつ中長期てきに安定した収入を得られるという点ではリスクは少ないですね。

あとは、販売メーカーや各自治体の太陽光に対する取り組みを十分考慮した上で設置を検討してみてはいかがでしょうか。

自治体によっては、手厚い補助金などでサポートしてくれるところもあるようですよ。

a0008_000513

意外と知られていない。保険で資産運用って?

一般的に保険と言えばどういったものを思い浮かべるでしょうか?やはり一番にあげられるのが生活におけるリスクに備えるための定期終身、がん保険などの生命保険、入院や手術に備える医療保険など万が一を考えて契約する保険があるでしょう。

a1180_016597

しかしながら、リスクに備えるのみならず将来の人生設計において、ある程度自身の資産を増やしていきたいと誰でも考えるものです。

銀行における定期預金では利率が低いため、ただ預けているだけになってしまいますし、株などの投資は資産が増える可能性はあるものの下がるリスクも大いにあるので、始める一歩が踏み出すことが出来ませんね。

そこで、実は保険で資産運用ができる、いわゆる貯蓄型の保険ということについて紹介していきます。

終身と学資

まずは終身保険。払込期間をあらかじめ10年15年などと設定することで満期になった場合、支払った以上の解約払戻金として受け取ることができるので、長期的な視野で考えれば役に立つ保険と言えます。

ただし期間中での解約は逆に低い金額になってしまったり期間終了後はその保障も併せて終わってしまいますので、その点はリスクとなるので注意しましょう。

続いて学資保険。お子様がいらっしゃるご家庭においては、年齢を重ねるごとに多くの学費が必要になって来ますよね。

a1130_000205

人それぞれですが中学・高校・大学生と必要になってくる時期は様々。そのためにその卒業、入学の時期に合わせたタイミングで給付を受け取ることができるものが学資保険となります。

保険のプランにおいても、その保障内容によってお支払いする金額は様々ですが、教育資金を貯蓄するという意味合いでは非常に重要な保険。

ただしこちらも途中で解約してしまうようなことになってしまいますと、元本割れをしてしまう事態やなどのリスクがありますので、お子様の成長に合わせたプランの組み立てが重要なのです。

養老保険

一方満期保険金として毎月の保険料は高いのですが、満期時に必ず支払われる養老保険

こちらの保険は死亡保険も同時についてくるため、掛け捨て型の保障が付いた保険に比べ、保障をうけつつ貯蓄ができる将来性を見越した保険になります。

また個人はもちろんのこと法人でも加入することができるのもこの保険の特徴で、法人の場合はいわゆる節税として、一度に多くの保険料を支払って控除額を抑えるといったような方法をとることも出来ますし、従業員の退職金などを蓄えておく場合の手段として利用することが可能です。

また、この保険は月々の支払いに加えて一括でもお支払いをすることができるため、予定利率が高い場合、加入する保険会社によって定められているようですが満期時にお得になる場合もあるようです。

しかしこの養老保険は、支払が高額であることや、契約期間途中での保険の見直しをすることに難ありですね。他の貯蓄型保険同様に中途での解約においての元本割れのリスクはこちらの保険にもありますので、慎重に加入しましょう。

その他の保険

この他にも老後の資産形成のため死亡時よりも生活に必要な至近をつくるための個人年金保険や為替相場を利用した外貨建個人年金保険などがあります。

どちらにしても将来においての公的年金のつなぎの為、また不足分を補うために利用されることが多い保険と言えます。

このように保険の中にも十分資産運用できる商品が多々ありますので、現在加入されている保険をあらためて見直してみてはいかがでしたでしょうか。

競馬って資産運用なの?疑問に答えます。

競馬と聞くと何を思い浮かべるでしょうか?

公営ギャンブルとして一攫千金を得ようとする人、馬に魅了される人様々です。基本的な競馬の仕組み、つまりは馬券を買って勝敗を決めるわけですが、勝った場合に受け取る配当金についてなどを順を追って考察していきます。

競馬の仕組み

ひとくちに馬券を購入するとは言っても方法は10通りほどありまして、一着だけを当てるもの、三着までを予想するもの、またその組み合わせなどがあります。

a1370_000218

各レース出走する馬にはそれぞれ的中した場合の倍率つまり「オッズ」が決められているのはご存知でしょう。

100円で買った場合の倍率になっていて、当然に人気のある馬とそうでない馬に対するオッズは異なります。これをふまえて予想し、買った場合オッズの掛け金に応じて配当金を受け取る形になるのです。

配当金について

この受け取るお金については、掛け金に応じて、多い少ないがありますが、問題はこの配当金が所得として考えられるのかどうか。

すなわちこれを所得として計算しなければならないのであれば、当然に課税対象としての扱いを受けることになります。

まずこの配当金に関しては「一時所得」としての扱いを受けることになり、年間の収支で判断され、一時所得としては「払戻金-馬券の購入費」が課税対象となるのですが、50万円以下は特別控除として課税されません。

また馬券の購入費が経費として認められるのは当たり馬券としての購入費のみになります。

なお給与所得がある方はその年間所得額競馬配当金における一時所得とは合算の形つまりは、総合課税方式にて税額の算出を行いましょう。給与所得の多い少ないで合算した場合の所得金額が決まりますので、例えば一時所得が同じ金額の配当金を得ていたとしても税額は変動する仕組みになっています。

競馬で資産運用

本題として、競馬で資産運用がはたして成り立つか否かということになりますと、実際あらゆるレースの予想に勝ち続けることは不可能です。

例え一度のレースで大きく儲けることが出来たとしても、馬券購入に対する費用がその都度発生しておりますので、トータルとして利益をだすことが出来なければ、資産運用の観点からすると難しいですね。

馬券購入費を回収し尚且つ利益を上げるためには、事細かな分析は必要になってくるでしょう。馬の状態であったり、近況のレース状況、実際に走るコースの様子など単なる人気や憶測で購入するよりも勝率が上がるかもしれません。

a0002_001488

総合的な判断

結局のところ、競馬をもとに資産運用を行うということは、非常に難しことである上に逆に資産を減らしてしまったりリスクを伴う場合があるということが言えると思います。

つい最近ニュースでも取り上げられたように、馬券の購入を繰り返した結果、課税申告されていない部分で追徴課税をめぐって裁判になるような事態にまで発展していましたね。

結局のところは勝訴して多額の追徴はまぬがれたようですが、このように所得として考えなければ、大きな金額になると税金を納めなければならない難しさと、いざ購入して馬券を当てることの難しさとを考えますと、資産運用という観点からすると適するとは言い難いような気がします。

しかしながら、競馬本来の楽しさ、純粋に馬を見ることが好きであったり、趣味を活かせるというように考えてみるのもいいかもしれませんね。

資産運用なら株式取引!

資産を増やすための一つの手段として、株式投資が上げられますが、比較的初心者の方でも始めやすい方法と言えます。

株式投資ってどんなもの?

企業の株を買い企業価値が上がれば当然に株価も上昇しその時点で売却することでその差額を利益として残すことができることがこの投資の魅力です。

a0002_001045

株式購入においては、少額の資金から、またより多くの資金でも様々な金額で買うことができます。投資金額が大きければ大きいほど得られる利益は増えていくわけです。

株式投資を始めるにあたって、株取引の仲介を担う証券会社を選ぶわけですが、ひとくちに証券会社と言ってもたくさんの会社があります。今ではインターネットにおいてweb上で取引を行うことが一般的。

各社その取引にかかる対応は様々です。一番に重要視される点としては、やはり一度の取引にかかる仲介手数料が挙げられます。

株式を購入又は売却する際その金額に応じた手数料が各社決まっているので、売買を頻繁に行うのであれば手数料はより安く設定してあるところの方が有利ですし、株式投資以外にも様々な金融商品の扱いがありますので、より自分にあったものを選びましょう。

早速、投資をはじめよう

証券会社が決まれば、本人確認書類銀行口座等を提出後、口座を開設することができます。

開設後いよいよ株の購入が出来るわけですが、特に投資経験のない方にとってみればいったいどの会社の銘柄を買えばいいのか判断することが難しいですね。

口座をお持ちの証券会社のホームページには、日経平均為替相場各企業の株式業績などあらゆる情報が公開されています。またweb上において様々な投資に役に立つ情報を得ることができるでしょう。

各企業の株式情報にはこのような株価の推移を表すチャートを見ることが出来るので、企業の業績や社会情勢を加味しながら指標をもとに購入するか否かを判断していきます。

安く買って高く売ることが基本ですが、もう少し上がるかもしれないなど判断を誤ってしまえば、思わず下がってしまったというようにせっかく得た利益が目減りしてしまったり最悪の場合元本割れを起こしていまうかもしれません。

あらかじめこの金額になれば売るといったように損切りルールを決めて売買することを心がけると良いでしょう。

pics2801

投資のルール

先にも述べたように、株式は各社購入単位が決められており100株や1000株単位で購入できるもの様々です。

ですがこの場合購入金額が高額になってしまうので、資金がそれほど準備できなかったりする場合、1万円程度で始められる少額で取引できる制度が設けられています。

株式ミニ投資単元未満株などは実際の単位数の十分の一または一株から購入することが可能なので初心者であればここから始めてみるのもいいかもしれません。

株式には売買の差額によって得られる利益(キャピタルゲイン)のほか各企業の収益によって還元される配当金(インカムゲイン)を得ることが出来ます。

この配当に関しては各社業績に応じた割合になるのですが、保有株式が多ければ当然に配当金も大きくなります。

もう一つ直接の資産運用とは異なりますが、株主優待を受け取ることができるのも魅力の一つです。全ての企業ではありませんが自社製品を株主にむけて提供してくれます。銘柄を選ぶ基準のひとつとして考える方法です。

株式投資は非常に奥が深いですが、優良銘柄であればより多くの資産を生むこともできるかもしれません。

 

安全な資産運用。アパート運用を解説

誰でも日々生活していく上で、将来に対する不安を抱えているものです。

中でも金銭面に関しては、なかなか給料も上がらない、子供の教育資金が必要であったり、さらには老後の不安、公的年金もさほど期待できないだけに何とかして今ある資産を増やせないものかと考えるでしょう。

しかしながら銀行にお金を預けても今現在の低金利・・FXなど金融商品は確かに大きな儲けをうみだすことができるかもしれませんが、その分元本を大きく割ってしまうハイリスクを背負うことにもなりかねません。

そこで将来を見据えて長期かつ安定的に収益を上げることができるものとしてアパート経営としての運用をお勧めします。

a1180_014458

アパート経営の仕組み

土地及び建物、つまりはアパートを所有し賃貸物件としてその家賃収入としての資産運用になります。

ワンルームマンションとして居室を購入して賃貸にする方法もありますが、あくまで区分所有物件であるため土地としては何も残りませんので、土地を所有してのアパート経営を取り上げます。

だだひとくちにアパートを購入するというと資金面から考えると手が出せないような感じはするのですが、銀行からの借り入れを家賃収入が上回ればいいわけです。その収益性として利回り10%を目標に例えば新築物件であるなら7%~8%、中古物件ならば9%~10%ほどの収益を上げられます。

もちろんその物件の状況つまりは立地条件建物の快適さ家賃の設定金額などあらゆる条件が整っている状態でなければなりません。

運用資金

それでは物件購入においてその資金ですが、元手の資金が多くあればいいですが、少ない資金であったとしても銀行からの融資を受けることが出来ます。

自分が住むための家ではなくあくまでも投資としての事業として融資を受けることになります。この際にも住宅ローン減税が適用されるので、所得3000万以下であれば10年間の減税措置を受けることが出来るのです。

またアパートにおける土地・建物にかかる税金には節税として優遇されておりまして、固定資産税ですと更地としての評価額と賃貸住宅が六分の一。アパート建築後3年間2分の1に減額され、相続税では金融商品と比べ40%もお減額を受けることが出来ます。

運営業者を選びましょう

こういったアパート経営におきましてはなかなか個人で運営していくことは専門的な知識が必要ですので無理が生じます。その為に物件の管理を代行してくれるパートナー企業選びが重要になってきます。

立地条件を含めた土地、建物の選定から銀行融資、マンション運営に関して入居者を募集することや建物の修繕管理業務などあらゆるサポートなどを行ってくれます。

しかしながらマンション経営におきましてはやはり注意しなければならない事柄も多々ございます。

確かにパートナー企業のサポートはございますが、当初思っていたよりも収益を上げることが出来なかったり、中古物件などでは予想以上に修繕費がかかってしまった、入居者が集まらなくなってしまったなど不測の事態に陥る可能性もあるのです。

購入する際には事前にパートナー企業との入念な打ち合わせを行わなければなりません。

さらには先程申し上げたように年数が経ちますと必ず修繕をしなければならない箇所がでてきますので、あらかじめ修繕費を積み立てをし、また万が一の備えとして地震・火災などの保険へは加入しておいた方が良いでしょう。

安定的な将来の備えとしてマンションの運用はどうでしょうか。

a0055_000393

老後のために。個人年金で資産運用

少子高齢化が進む現代社会において、年齢を重ねていきますといつかは、働くことができなくなり公的年金を受給することにななりますよね。

世代によっては受給する公的年金だけでは生活に支障が出る恐れがあります。さらには少子化によって、子さらには孫と生活面で頼れなくなっていくことでしょう。

a0800_000679

そういった老後への不安を少しでも回避できるように若いうちから備えをすることが必要になってくるのです。その方法の一つとして個人年金を活用することを考えてみます。

個人年金について

個人年金とは、ご自身の老後に備えて事前に保険料を積み立てていくことで、必要な時期が来れば受給することが出来る商品、その年金の種類、受給方法がいくつかありますので、自分に適したプランを選ぶことが出来ます。

  • 終身年金・・・保険対象者の本人が生きている限り受給することが出来るプランです。ただしご本人の死亡により受給はストップしますので、受給期間が短いと元本割れをおこしてしまうリスクが生じます。
  • 確定年金・・・ご契約時決められた期間受給を受けることが出来、5年、10年、15年などから設定します。こちらに関しては、ご本人がなくなった後でも遺族が年金の受給を継続することが可能です。
  • 有期年金・・・確定年金同様に定められた期間年金を受給することが出来ます。ただしご本人の死亡後、遺族が受給を継続することは出来ませんので終身年金同様に元本割れのリスクを考えなければなりません。しかしながらこの年金のプランは月々の保険料が安いというメリットがあります。

また個人年金の受け取り方には受給開始から年毎に受け取るタイプのものと一括で受給できるタイプがあります。一括で受け取ってしまうと年々受け取るタイプより金額が少なくなってしまうので注意が必要です。

また個人年金の保険料を支払い始めて、途中解約は避けたほうがよいでしょう。こちらも元本割れが大きくなるので一度契約すれば解約しないことがおすすめです。

節税効果

個人年金については「個人年金保険料控除」として支払った保険料が控除の対象になります。ただし控除の対象となるには諸条件が必須ですが。

年金受給者がご本人若しくは配偶者であることや10年以上保険料を支払うことなどを満たしていなければなりません。控除を受ける際は年末調整時確定申告において書類を提出することを心がけましょう。

個人年金のデメリット

個人年金は将来に対して設定する保険になりますが、世の中の経済事情などで、インフレによってお金の価値が変わってしまうことで個人年金で実際より少ない金額を受け取らなければならなくなることも考えられます。

また年金を契約した保険会社が将来にわたって破綻してしまうような場合保証などで一部資金は確保できるものの目減りしてしまう可能性があります。

老後の生活費

実際、老後には一体どれくらいの生活資金が必要でしょうか?一般的に25万円前後は必要とされているようですが、その時代の背景によっては物価上昇の可能性も考えるとさらに必要となってくるかもしれません。

現時点での生活水準を維持するためにも、やはり早いうちから老後に備えて準備していくことが、いかに重要であることがわかるでしょう。

a0002_004012

快適に暮らしていくためにも、この機会に自分自身がの老後を踏まえたプランを作成してみては。

資産運用ならこれを使え!オススメアプリ一覧

インターネットの普及によって、世の中のあらゆる情報が簡単に得ることが出来るようになり、さらにはスマートフォンや小型のタブレットなど自宅に限らず屋外でも閲覧することができますね。

a0002_010998

そんな便利なスマートフォンでは必ず使用する様々なアプリ。コミュニケーションから仕事、ショッピングなどあらゆる分野において作業を行う上で必要になってくるのがこのアプリケーション(アプリ)です。

それでは、資産運用に関するものはどうでしょうか。こちらも家計から株、不動産など用途に応じたたくさんのアプリがiPhone、androidと使用別はありますが、使用することが出来ます。

代表的なアプリ

まず一般的な家計簿アプリとしては、家計簿マネーフォワード(無料)。ご自身が保有している銀行、金融資産、カード情報など一覧で管理できますので、いつでも出入金の確認することが出来ることが特徴です。

また、そんな資産を管理するメガバンクやネット銀行、地方銀行など各行独自に使用できるアプリがあり、残高照会はもちろんのこと、ネッと間の送金などに利用されている方は多いでしょう。

金融関係のアプリ

続いて金融商品を見ていくと、株式投資では楽天証券のi・speedSBI証券のHYPER株アプリ。国内はもとより海外の相場をチェックでき、個々の企業の銘柄を閲覧し売買することができます。

もちろんFXにも対応しておりますが、他にも外為オンライン外貨ジャパンなどFXのための為替のリアルタイムトレードやチャート機能FX特有のスピード重視のアプリがあります。

こういった金融市場はとにかく情報を収集し判断しなければ、売買のタイミングを逃してしまいますので、出来る限り正確な情報を得なければなりません。

その情報先として挙げられるのが、日経経済新聞 紙面ビューアYahooファイナンス。非常に豊富な情報量や分析機能を備えており、各種証券アプリと連動しスムーズに取引に移行できる優れもの。

海外の市場やニュースをいち早く得るならばBloombarg  Business。英語表記ですが、世界の情勢はもちろん株、債券などの情報も入手できるアプリです。

家計や買い物での計算機能ははもちろんのこと為替等の海外の通貨を円に計算できるような電卓系、円計算マネー電卓。こういったアプリでも資産運用のシミュレーションができたり様々な活用ができるのです。

不動産関係のアプリ

その他資産と言えば、不動産に関するものはどうでしょうか?こちらにも物件を検索できる楽待(らくまち)、住宅サイトSUUMOでのローン計算を行って住宅購入に役立ててみてはいかがでしょうか。

ここまでの代表的なアプリ以外にも、各項目においてまだまだ紹介しきれないほどの種類があるのですが、実際に使ってみて自分にあったアプリを使用するのが良いでしょう。

a0002_007231

アプリ使用時の注意

アプリには大手企業が運営するものから個々に作成されたものまでありますし、また無料のものもあれば、有料でなければ取得できないアプリがあります。

また最初は無料でダウンロードできても、使用するにつれ有料に乗り換えなければいけないものもあるので、使用の状況で見極めなければなりません。

さらに、IDやパスワードにおいては、特に資産関係は詳しい個人情報を入力しなければならない場合が多いので、同じパスワードの使用を避けたり、セキュリティ対策ソフトの導入など情報漏洩を防ぐためにも各自で防衛しましょう。

資産運用の外貨預金ってそもそも何?

お金を金融機関等に預ける場合、日本円での預金では金利が非常に安いので、ドルユーロ、その他外国の通貨において預金することを考えてみたことはあるでしょうか。

a0002_011580

外国の通貨によっては日本円での預金に比べて高金利の可能性があり、国内の金融機関や証券会社で預金することができる制度を外貨預金と呼びます。

預金制度の詳細

外貨預金を行う上で何よりも注目するべき点と言えば、為替レート。これにより各国の通貨の価格が変動していくので、預金時期と払い戻し時期をよく考えて動かさなければなりません。以上から常に世界の情勢に目を配る必要があります。

a1180_013441

しかしながら、為替レートを常にチェックしてタイミングをはかることは非常に難しいので毎月定められた日に自動的に積み立できる制度、外貨積立預金が利用できます。

積み立てを行うことで、資金を分散し預金することができる上、低コストでの運用と為替変動に対してリスクを最小限に抑えられることが特徴です。

このように外貨預金では預金に対する金利と為替によって生じた差益との両方の利益を得ることができる魅力がありますね。

もちろん以下2つの項目に関して税金もかかってくるので注意が必要。

  • 預金で生じた利息にかかる源泉分離課税
  • 差益によって得ることが出来た為替差益による税金

後者に関しては、雑所得として確定申告をしなければなりません。給与所得と合算の上にあらためて申告を行い、給与額が2000万円以下で尚且つ年間で20万円以下での雑所得であれば、申告は不要になります。

外貨預金でのリスク

ここまでの流れから、為替相場を注視すれば外国通貨の方がより利益を上げることが出来るように思えるのですが、預金に際しての費用が必要になるのです。

一つには、為替手数料がかかってしまうという点。つまり預金として預けるとき、さらには引き落としをするとき、どちらにしても手数料が発生してしまうこと。

さらに定期預金の場合、当然に満期になるまで継続するのですが、万が一解約しなければならない事態になったとき解約手数料が発生します。

二つ目には、国内の金融機関で適用される「預金保険制度」を利用することができず、つまりは銀行が破綻してしまうようなことになってしまった場合、外貨預金は保証の対象外となってしまうのです。

また、為替が円高に振れた場合の元本割れの可能性も十分考えられますので、国内金融機関ではそんなことはあり得ないことが起こりうるということですね。

外貨預金を上手に利用しよう

それでは、如何にして利用していけばいいのか?

まずは外貨預金を取り扱う金融機関を選択することから考えてみると、それぞれ為替手数料の設定金額に違いがあります。ネットバンクなど比較的安い手数料のもがあるので、選ぶ基準として考えることができますね。

更には外貨を一つに絞らず分散して投資することが挙げられます。資金を集中して円高になってしまった場合のリスクを考えると、いくつかの通貨に分けて預金することでそのリスクを最小限に抑える効果があります。

ここで一つ注意すべき点は、高金利な通貨がある場合そういったマーケットは規模が小さいので為替変動の流動性が大きくリスクが大きい可能性があるということ。

また海外旅行などで、預金している通貨であれば、その外貨を引き出して使用することで、無駄な出費を抑える効果もあったりしますから、一度利用されてみてはいかかでしょうか。

参考になる?アメリカの資産運用

日本国内で資産運用と言えば、銀行での預貯金をはじめ株式、FX、不動産などの投資が考えられるでしょう。それではアメリカではどういった制度があるのかを検証していきます。

a1180_008583

アメリカの経済事情

現在のアメリカの状況を見てみると、年初来の株価下落により停滞若しくは下振れ傾向にあるようです。日本でも見られるような個人消費の落ち込みやドル高よる外需の低迷等が挙げられます。

設備投資建設投資も伸び悩み、住宅市場においても現況全体では横ばいの動きとなっているなど今後緩やかな回復基調になってくるとはいえ、内外に下振れが懸念される状態です。

アメリカにおいては、所得格差によるいわゆる富裕層が国内での資産を3割から4割ちかくを保有している現状。低所得者の貧困率が高い数字を示しています。

株式投資について

まず、株式投資から見ていきますと、日本とはいくつかの違いがあるのですが、大企業中心のニューヨーク証券取引所、ハイテクやバイオ関連など中心のナスダック証券取引所がその中心。

アメリカの企業は配当性向の傾向が強く、剰余金から上乗せさせることが多いのです。さらには、日本のように単位株がないので1株からでも取引することが出来ます。

ストップ高(安)の値幅制限もないので、いかに流動性を重視していることがわかりますね。

不動産について

続いて不動産に関しては、こちらも家や物件に対する考え方や価値観が全く異なっています。建物そのものや区域、立地場所で年数が経っていても高い評価を受けることが特徴でしょう。

だからこそ中古物件の取引規模が非常に高く、新築物件に比べて買い手も見つかりやすいのです。では、何故このような状況が起こるのでしょうか?

中古物件の場合、タックスメリット(減価償却)を活かすことに挙げられるのですが、購入時から毎年、耐用年数で割った額を減価償却として計上することができるのです。

つまり日本ならば新築で木造物件を購入した場合でも減価償却できる耐用年数は22年といわれていますが、アメリカでは新築、中古、関わらずその年数が27年と長期間、減価償却が可能になります。

その上で、買い替えの必要が生じた場合であっても、立地場所が重要ではありますが、家屋の売却益(キャピタルゲイン)が期待できることは魅力ですね。

また、その売却益に対する税金にも次の住まいが売却益同様かそれ以上の金額で取得した場合に先延ばしできる制度「1031 Exchange」という制度。

不動産にかかる取得税においても、その地域によって違うのですが、基本的に連邦税は必ず払わなければならなず、州税は州により違います。

では、個人毎の年間の収入になりますと、こちらは誰でも確定申告をしなければなりません。申告によってタックスリターン(払い過ぎた税金)で還付が受けられます。

a1180_003824

老後に備えた考え方

将来において来るべき老後に対する不安は日本ではよく問題提起されている事項ですが、アメリカにおいても同様に老後の生活資金不足は社会問題であります。

確定拠出型年金は将来、公的年金の不足分を補うために掛け金を運用していくタイプの年金で日本の拠出型年金はアメリカの401kを参考に作られたものです。

その運用実績によっては、十分な資産を作ることができる年金制度ではあるが、元本割れのリスクの可能性もあります。